文具専門ストアUsagiya文具専門ストアUsagiya

閉じる

6,000円(税別)以上購入で送料無料

文具のプロが考えた文具 USAGIYA ORIGINAL GOODS うさぎやオリジナル商品 ジョルジュラパン商品文具のプロが考えた文具 USAGIYA ORIGINAL GOODS うさぎやオリジナル商品 ジョルジュラパン商品

営業日カレンダー

は、お電話での対応はお休みさせていただいております。サイトからのご注文は24時間受け付けておりますが、ご連絡は翌営業日になりますのであらかじめご了承ください。

5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

営業時間 10:00-17:00

閉じる

6,000円(税別)以上購入で
送料無料

ink-café[インクカフェ]明治のいろ インク <全6色> 呉竹 ECF160-5**

R4901427326512-a4901427326512 ~ R4901427326512-a4901427326574

明治時代に流行した色をイメージしたインク

1,320 円(税込)

12 point

数量

*NG ネコポス便対応不可能商品*

「明治のいろ」インクは、明治の時代に思いを馳せた、その時代に流行した色をイメージしたカラーインク。
1色1色にその時代の背景があり、お使いいただきながら、ぜひその色味をお楽しみください。
万年筆、ガラスペン、付けペン、からっぽペンなどでお使いいただけます。

◆葡萄茶 (えびちゃ)◆
明治の時代、紫色は当時華族が用いる高貴な色とされており、紫のままでは畏れ多いことから紫に代わる海老茶が使われることが多くなりました。
えびちぇとは、やや紫を帯びた暗めの赤色いい、明治の女学生ブームが一気に花開いた時代で、女袴として「海老茶(えびちゃ)」「葡萄茶(えびちゃ)」色の人気が高まりました。

◆洗朱 (あらいしゅ)◆
「あらいしゅ」とは洗ったような明るい”朱”色や、朱色が淡く薄くなったような色でもあります。

◆新橋色 (しんばしいろ)◆
明治後期、化学染料による新しい色の誕生。
明るい青緑色は、ハイカラな色として、花柳界の中でも、新橋の芸者衆にも好まれ大流行しました。
別名「金春色(こんぱるいろ)」とも呼ばれていました。

◆鉄色 (くろがねいろ)◆
鉄色(くろがねいろ)は、明治中期頃から大正にかけて流行した色。
青みが暗くにぶい青緑色が特長の色で、番頭さんや手代の前掛けなどの色にも多く用いられました。
金を“こがね”、銀を”しろがね”、銅を”あかがね”と呼び、鉄は”くろがね”と呼びました。

◆孔雀緑 (くじゃくりょく)◆
明治の時代、西洋から伝わった色で、孔雀の美しい青緑の羽のような鮮やかな青緑色。
孔雀は日本でも古き時代より愛されており、江戸の時代には庶民への認知も高まったとされています。
明治の時代まで、孔雀の名の付いた色が作られていないことも不思議とされています。

◆紫紺 (しこん)◆
明治は、女性たちの衣類などにも江戸の「粋(いき)」を受け継ぐ「藤色」や「紫色」が多く「紫の時代」といわれ、明治以降の流行色として現れました。

■商品仕様■
・商品サイズ W50×H50×D33mm
・外装サイズ W56×H56×D38mm
・商品重量 111g
・インク内容量 約20g
・素材 容器:ガラス、キャップ:SAN
・インキ 水性染料インキ
・原産国 日本

★お気に入りのカラーインクでペンが作れる空容器→からっぽペン各種はこちらから