スタッフブログ

カッターナイフの種類と特徴

今回はカッターナイフを紹介します
カッターナイフは紙や布、薄い合板、アクリル樹脂板、石膏ボードなどの切断など、
用途に応じて様々な刃形状の製品があります。

【種類・特徴・違い】
①小型カッター(9㎜刃)
家庭や事務・軽作業によく使われる一般的なカッターナイフ
リーズナブルな物から高級志向の物まで様々な種類があります


②大型カッター(18㎜刃)
握りやすい大型ボディで厚手の物をカットする際に便利です
本体・替え刃の種類が最も豊富なので用途に合わせて刃を選びましょう


③中型カッター(12.3~12.5㎜刃)
大型刃と小型刃の長所を兼ね備えています。家庭、オフィスなど、あらゆるシーンで活躍します。


④円切りカッター
中心点を針などで固定して、きれいな円を描いたカットが出来ます。
大型のものは、薄い合板も切り抜けます。左利きの場合は、刃の向きを逆方向に取り付けます。



⑤ロータリーカッター(円形刃カッター)
円盤状の刃を回しながら切り進むため、曲線も直線も思いのままにカットできます。
布地やフィルムなどの切りにくい素材を扱うシーンにおいて便利です。


⑥ミシン目カッター
紙・フィルム・ビニールなどに、必要なときに切り離せる
ミシン目を入れることができます。


⑦プラスチックカッター
特殊な刃の形状をしているアクリル・塩ビ板などの硬質プラスチック板に適した専用カッター。
各種硬材へのすじ入れにも使えます。Pカッターとも呼ばれます。


⑧.ペン型デザインナイフ
小型の紙切り用。模型工作、手芸、デザインワークなどの細かい作業に欠かせないカッターです。


⑨一枚切りカッター
下敷きを使わなくても下のページを切らずに新聞や雑誌の切り抜きができるカッターです。


⑩荷ほどき専用カッター
PPバンドや紐などをひっかけて切る専用カッターです。


⑪のこ刃
のこぎりの様なギザギザした刃のカッター。
コンパクトなので携帯に便利です。DIY・ガーデニング・インテリアなどの作業に


⑫レターオープナー
封筒を開封する時や折り畳んだ紙を切り分ける時に利用します。
ペーパーナイフともいいます。電動タイプもあります。


⑬段ボールカッター
段ボールや発泡スチロールをカットするのに適したカッター。
のこぎりを使うようにゆっくりと動かして使用します。


【お客様からの質問】
替え刃の互換性はありますか?
 カッターの刃のサイズにはJIS規格などの定められた規格はありませんが、世界初の替え刃式カッターナイフを製造したオルファの
 刃のサイズに合わせて他のメーカーも製造しているようです。ただし、メーカー間の互換性につきましてはメーカーも保証はしておらず
 できるだけメーカー指定の替え刃を利用する事をオススメします。

オルファ 通常刃と黒刃の違いは?
 材質は、通常刃、黒刃とも同じ合金工具鋼を使用してますが黒刃は通常刃と比較して鋭角に研磨してます。
 これによって、通常刃よりも初期の切れ味と入り込みの良い刃となっています。
 通常刃は、切れ味と耐久性のバランスがとれた万能タイプ。黒刃は、切れ味を重視する方にオススメです。

H.M


PAGE TOP