スタッフブログ

水性ボールペン・ゲルインクボールペンで最も細い商品・最も太い商品

水性ボールペン・ゲルインクボールペンで最も細い商品・太い商品についてご紹介します。


まず、水性ボールペンとは・・・
・インクの粘度が低い
・さらさらとした書き心地
が魅力のペンです。

油性ボールペンに比べて書き味、色の発色性の面で優れているのに対して、乾燥、水に弱いのが特徴にあります。

また、ゲルインクボールペンというものも多く出てきています。
ゲルインクボールペンとは・・・
・水に強い
・耐光性がある
・発色が良い
・さらさら書ける
油性ボールペンの良いところ、水性ボールペンの良いところを組み合わせたボールペンです。


それでは、水性ボールペン・ゲルインクボールペンで最も細い商品・太い商品についてご紹介します。

2020年8月現在、最も細い商品は0.25mm(パイロット/ハイテック)、
最も太い商品は1.5mm(オート/筆ボール)となっています。

それでは、各メーカーの比較をしていきましょう!
■パイロット
最も細い・・・0.25mm ハイテック
最も太い・・・1.0mm G-2(ジーツー太字)


■三菱鉛筆
最も細い・・・0.28mm ユニボールシグノ
最も太い・・・1.0mm ユニボールシグノ太字


■ゼブラ
最も細い・・・0.3mm サラサクリップ
最も太い・・・1.0mm サラサクリップ


■ぺんてる
最も細い・・・0.3mm エナージェル
最も太い・・・1.0mm エナージェル


最も細いものと太いもので書き味がかなり違います。
自分にぴったりの太さを見つけてみてください!


N.H


PAGE TOP